INOUZTimes > 起業家 > 新・起業家群像 高橋 佳伸

新・起業家群像 高橋 佳伸

“コンクリートジャングル”に次々とBBQ場を創る男の突き抜けた軌跡

株式会社デジサーフ 代表取締役 高橋 佳伸(たかはし よしのぶ)

新・起業家群像 高橋 佳伸

古くは日本における海水浴発祥の地、最近は子育て世代の移住ブームが起きている湘南エリア。上質で遊び心がきいたカルチャーとライフスタイルを発信するこの地に本社に置くデジサーフ創業者の高橋氏がコンクリートジャングルの東京都心部などにBBQ場を次々と出現させている“仕掛け人”だ。デパート、ショッピングセンター、駅ビルのテラスなどを活用してBBQ場『デジキュー』を展開。「BBQは海、山、川など、都心を離れた自然のなかでするもの」という常識をくつがえした。こうした、だれも考えつかなかった突き抜けたビジネスアイデアの源泉には、だれも真似できない高橋氏の“突き抜けた半生”がある。その軌跡を追った。

<解説>

インタビューの前に~デジサーフのビジネスモデルを簡単に紹介

 デジサーフは人々に豊かな余暇の過ごし方を提案するO2O(Online to Offline)サービスを提供するITベンチャー。アウトドア領域におけるシェアリングエコノミーのパイオニアとして、会員DBの構築、多種サービス群のプラットフォーム構想など、同社独自の予約・決済システムを通じてITとアウトドアを結ぶ創造に取り組んでいる。『デジキュー』は、そうした同社の主力事業である。これはBBQ場の予約、機材レンタル、食材調達などをワンストップで提供するプラットフォームで、自社の予約システムで囲い込んだ利用者を百貨店の屋上や、郊外型大型商業施設の敷地内など都市部の遊休スペースや公園などに開設したBBQ場に誘客する仕組み。人気の秘密は“手ぶら”でBBQを楽しめる点だ。

 ビジネスモデルの側面では、設置場所である駅ビルの運営会社や公園の管理者などと利益をわけあうレベニューシェアが特徴。同じ商業施設内の食品売り場の売上高増にもつながるため、商業施設の運営企業から次々と出店要請が舞い込んでいるという。直営のほか、立地に応じてフランチャイズチェーンも展開しており、2016年には60店舗を突破する計画だ。

 『デジキュー』は都市レジャーのあり方を変えた分水嶺のひとつだろう。BBQをレジャーとして楽しむ国内人口は2,370万人以上とされる(「レジャー白書」より)が、『デジキュー』の出現以前は、都市部で手軽に利用できるBBQ場はほとんどなかったからだ。

 このほか、同社ではスノーボード大会など、インターネット上でスポーツイベントや競技会の情報を一覧でき、 エントリーもできるサイト『デジエントリー』、全国の海岸にWebカメラを設置し、リアルタイムで波の情報をサーファーに提供する会員制サービス『波通』も提供している。そう、同社は徹底して“遊び”を事業ドメインにすえているのだ。

 こうしたユニークなビジネスモデルで急成長している同社は、有力なベンチャーキャピタルなどからも注目を集める。KLabとSBIインベストメントで設立したベンチャーキャピタルのKLab Ventures、フジテレビ・産経新聞などを擁するフジ・メディア・ホールディングス傘下のスタートアップ向けファンドであるフジ・スタートアップ・ベンチャーズなどが出資している。

関連記事

「起業家」カテゴリーの記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

INOUZTimesの最新ニュースをお届けします
INOUZTimesの最新ニュースをお届け!

公式アカウントをフォロー