INOUZTimes > M&A > 【RIZAPグループ】RIZAPで急成長。今後の戦略は?

【RIZAPグループ】RIZAPで急成長。今後の戦略は?

積極的に広告宣伝を行うことで顧客数を増加
INOUZTimes編集部
【RIZAPグループ】RIZAPで急成長。今後の戦略は?

積極的に広告宣伝を行うことで顧客数を増加

RIZAPグループ<2928>は、健康食品の通信販売を目的に2003年に設立され、現在は美容・健康関連事業、アパレル事業、住関連ライフスタイル事業、エンターテインメント事業を営んでいる。

美容・健康関連事業は、「結果にコミットする」というCMで一躍有名となった「RIZAP(ライザップ)」により予想を大きく上回る成長を見せている。その源泉は他のフィットネスジムに比べ高収益率を誇り、資金力を元に積極的に広告宣伝を行うことで、顧客数の大幅増加を実現させている。

その他の事業については、下記の通り、美容・健康関連事業とのシナジーを生む可能性の高い事業を、いずれもM&Aによる子会社化に伴い開始している。

時価総額は1,000億円に達し、海外店舗も増加させ業績絶好調のRIZAPグループが今後の戦略として重要視するのは、介護予防に関する取り組み、ヘルスケアの強化など、シニア層へのアピールだ。

他の大手フィットネスジムに比べ、RIZAPグループの顧客層は60歳以上のいわゆるシニア層の構成比が極端に小さいため、シニア層に向けたプロモーションを本格化させることで更なる成長が見込めるためである。

RIZAPグループの行った主なM&A

柔軟なM&A戦略、多彩な手を繰り出す 

RIZAPグループは、美容・健康事業を軸に考えており、M&Aについても美容・健康事業の拡大、または美容・健康事業とのシナジーをテーマにM&Aを実施してきた。M&Aにより美容・健康事業を拡大させる一方で、美容・健康事業とのシナジーが見込めないと判断した会社については売却もしている(07年に3社、08年に3社、13年9月に1社の子会社を外部に譲渡)。

RIZAPグループのM&Aは、株式買収金額が比較的小さいことが特徴である。07年に子会社化した弘乳舎の買収金額が36億円と多額であるが、その他の買収金額はいずれも10億円を下回っている(なお、弘乳舎の株式は13年にアスラポート・ダイニングに25億円で売却している)。会社によっては100%取得せず経営権を取得できる50%超を取得するにとどめているケースもあり、これが他の案件への投資余力を高めている側面もある。

また、上場会社の株式について、時価を大きく下回る価格で買収しているケースもある。14年1月のゲオディノス(売上8,370百万円)をTOBにより子会社化した際の1株あたり純資産が556円に対し、公開買付価格は178円である。15年2月の夢展望(13年東証マザーズに上場)の買収もその典型である。

アパレル業界全体の業績が低迷しており、アパレル商材を扱う同社の業績も悪化していたが、12年に同社が金融機関と締結したシンジケートローンのコベナンツ(財務制限条項)に記載されている「2期連続経常損失を計上した場合に借り入れを一括返済する」ことが現実化したことで、同社の資金繰りが悪化した。

同社の資金援助に唯一、手を挙げたRIZAPグループが、公表日前日の終値606円に対して192円(68%のディスカウント)という大幅な有利発行で第三者割当増資を行った。なお、その後、RIZAPグループが親会社になるという期待から同社の株価が急伸、公表日の4営業日後には一時株価が2倍を超え、結果として同社の株主全体に大きな利益をもたらしている。

RIZAPグループの財務分析

業績推移を見ると、リーマンショック時に売り上げが落ち込んでいるが、その後は順調に増加している。セグメント別の売り上げ推移を確認すると、やはり美容・健康事業が牽引していることが分かる。新中期計画「COM IT 2020」によると、17年3月期に売り上げ1,000億円、21年3月期までに売り上げ3,000億円を目標としている。なお、利益率は直近3年間ではいずれも5%台である。

食品関連事業は、07年に弘乳舎を子会社化し事業を営んできたが、今後さらに美容・健康事業を軸に業容を拡大するにあたりグループ内シナジーが希薄であるという理由で、13年に弘乳舎の全株式を売却することで撤退となった。

食品関連事業撤退の代わりに、住関連ライフスタイル事業およびエンターテインメント事業が美容・健康事業との協業を進めている。住関連ライフスタイル事業は13年9月にイデアインターナショナルを子会社化したことで開始した。14年2月にイデアインターナショナルが同じく子会社の日本リレント化粧品を吸収合併し、業容の拡大を図っている。また、エンターテインメント事業は14年1月にゲオディノスを子会社化したことで開始し、美容・健康事業(RIZAP)との協業を進めている。

資産が急膨張するも、大規模なM&Aを行うだけの力は十分

RIZAPグループの自己資本比率は20%の前後を推移している。14年、15年の総資産の大幅な増加は、売り上げの増加に伴う当座資産(簡便的に現預金+売上債権で計算)が大幅に増加していること、およびM&Aによる増加が要因である。14年は前期に比べ当座資産が43億円増加し、14年1月のゲオディノスの子会社化により総資産が104億円増加している。15年は前期に比べ当座資産が76億円増加し、15年2月の夢展望の子会社化で総資産が20億円増加している。

RIZAPグループは、業績が好調で資金が豊富であり、また、株式の8割ほどを創業者である代表取締役が所有(代表取締役とその資産管理会社の合計持ち株比率)しており創業者持株比率が高く、いざというときの資金調達の余地が大きい。15年6月19日時点の時価総額が950億円であるから、100億円を増資で調達してもなお創業者持ち株比率は70%を超える計算となる。今後は事業の主軸である美容・健康事業とのシナジーを目的とした大規模なM&Aを積極的に行うだけの力は十分だといえるだろう。

この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

本記事は「M&Aonline」から提供を受けております。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

INOUZTimesの最新ニュースをお届けします
INOUZTimesの最新ニュースをお届け!

公式アカウントをフォロー