INOUZTimes > 経営者100人アンケート > 社長、社員のご祝儀いくらつつみますか?
2016/6/15

社長、社員のご祝儀いくらつつみますか?

ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。
社長、社員のご祝儀いくらつつみますか?

社員の結婚式のご祝儀の金額に困ったことはないですか?
「いくら包むのがいいのか・・・」「他の社長はどれくらい包んでいるのか・・・」

今回、ベンチャー社長100人に「社員のご祝儀いくらつつみますか?」を直接聞いてまいりました。

アンケートした経営者のデータは以下の通り。(平均値 N=100)

  • 平均設立2006年
  • 平均社長歴9年
  • 平均年齢40歳
  • 平均売上13億
  • 平均従業員数95名

おめでたいことに最近、当社は結婚、出産ラッシュを迎えています。

先日の大型連休にも結婚式が開かれ、幸せにつつまれた新郎新婦の新たな門出に立ち会いました。

その日、会場の片隅にできた社員の小さな輪の中、ふとしたきっかけでこんな疑問が話題にのぼりました。

「社長って、ご祝儀いくらくらい包んだんだろ?」


以前、友人のあるベンチャー社長も、
「社員の結婚式って、いくら包むべきかな?こんなこと、折り入って他の社長に聞くわけにいかないしなぁ……」
などと困っていたことを思い出しました。

ちなみに、一般的なご祝儀金額は、主賓・祝辞を依頼された方や新郎新婦の先輩は5万円~、友人は3万円~が相場と言われているそうです。

ベンチャー社長は、社員の結婚式に呼ばれるときは主賓や祝辞を頼まれるケースが多いはずです。

つまり、一般的な相場から考えれば5万円ですが、“社長という立場もあるので、もう少し・・・”“でも包みすぎても嫌味になるし・・・”など考えれば考えるほど、当人たちにとっては悩ましい問題のようですよ。


では、実際のところ、どうなんでしょうか?
INOUZ Times編集部では今回、ベンチャー社長100人に「社員のご祝儀いくらつつみますか?」を直接聞いてみました。

結果はグラフの通りです。

関連記事

「経営者100人アンケート」カテゴリーの記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

INOUZTimesの最新ニュースをお届けします
INOUZTimesの最新ニュースをお届け!

公式アカウントをフォロー