INOUZTimes > 経営者100人アンケート > 社長、会社を売ろうと思ったことありますか?

社長、会社を売ろうと思ったことありますか?

ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。
INOUZTimes編集部
社長、会社を売ろうと思ったことありますか?

「社長、会社を売ろうと思ったことはありますか?」

INOUZ Times編集部では今回、他人にはなかなか話せない、こんなセンシティブなテーマをベンチャー社長100人に直接聞いてきました。

回答してくださった社長のみなさま、本当にありがとうございました!もちろん社名・社長名は非公開とさせていだきます。

一体、どんな回答が寄せられたと思いますか?

アンケートした経営者のデータは以下の通り。(平均値 N=100)

  • 平均設立2006年
  • 平均社長歴9年
  • 平均年齢40歳
  • 平均売上13億
  • 平均従業員数95名

「日本でもIPOではなく、(会社や事業の)売却をひとつのEXITと考える経営者が少しずつ増えていますよ」

最近、あるIPOコンサルティング企業の幹部がこんなことを言っていました。

アメリカ・シリコンバレーではEXITの選択肢として、バイアウトが当たり前の考えになりつつあるという見方のようです。

確かに、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の増加にもみられるように、日本でも大手企業や上場企業を中心に昨今、ベンチャー企業との連携など、成長の種を外部に求めるマインドは確実に強まっていますよね。こうした、「ベンチャー企業が売却を考える時期としては、“悪くない”」という環境も、関係しているのでしょうか。

ただ、くだんのコンサルティング会社幹部によると
「社内に情報がもれた時の悪影響を考えるので、経営者は検討している事実も口にできず、ひとりで悩んでいる」
とのことです。

確かに、そうですよね。
だからこそ、実態を知りたい!


そこで、売却という選択肢をほかの社長はどう考えているのか?ベンチャー社長100人に実際に聞いてみました。

ご覧ください。社長、会社を売ろうと思ったことありますか?

売却をひそかに考えている社長は数字が意外に多い?

アンケートの結果、売却を考えたことのある社長は約2割。
どうですか。思ったより、多いですか?少ないですか?

では、それぞれの回答を見てみましょう!

■考えたことがある社長

・普通のこと・日常のこと
・社員を幸せにするための一つの選択肢
・常に考えている。いい会社があれば検討したい
・考えたことはあるし、実際している
・売上が上がっているとき。自分で新しいことをしたい
・同業となら連携できそうなので
・将来的な展開としては考えている


考えたことのある社長の意見としては、当たり前ですが、会社を存続させるための手段として考えている方が多かったです。“事業を売却して会社を存続させる” “同業に売却することで事業を存続させる”…など。

「最初から(企業存続を考えずに)その領域の知見を深めるために参入したんだ。まずは自分でやってみなきゃわからないしね。だから、事業自体には固執してなくて、なんとなく肌感覚で領域を理解したタイミングで声がかかったんで、売却したんだ」。
こんな声もありました。

確かに。将来的に売却を検討しながら立ち上げるのも“あり”ですよね。シリコンバレー的思考!こんな考えの社長も日本にでてきているんですね。夢が広がります。


一方、考えたことがない社長は、どんな意見だったでしょうか?

■考えたことがない社長

・オファーはあるけど答える気がない
・今後も考えることはない
・会社は自分の分身
・まったくない。3年前10億円を提示された(が断った)。
・イメージがつかない


売却を考えたことのない社長の意見としては、そもそも売却はしたくないというスタンスです。売却を考えないし、考えたこともないという社長が多数でした。

その中でも「会社は自分の分身」という言葉は印象的でした。自分で立ち上げた会社はだれにも譲りたくないという固い意思を感じました。


……でも実は、「ない」と答えた社長の意見には、こんなものもあったんです。

・今のところはない
・まだないが、いつどうなるかわからない
・まだ小さいので
・ゆくゆくは考えたい
・業績次第で考えるかも
・べらぼうな数字だったら考える。20億とか
・個人として1億くらい資産がもらえるなら…(笑)


…ん? これって、「ない」と分類するには微妙なラインだとは思いません?

売却金額やキャピタルゲインの話は、多少冗談も含まれているでしょうが、そのほかの意見も、「条件が整えば考える」「会社が大きくなったら考える」ととらえれば、将来的な選択肢としては“売却も考えられる”という意見にも読めますよね。

こうした微妙な「ない」という意見の社長は10人以上もいたんです。


どうでしたでしょうか?
アンケートから浮き彫りになったのは、程度の差はあれ、売却をひそかに考えている社長は数字が明確に示す以上に実は多いという実態ではないでしょうか。

他では聞けないベンチャー社長の悩ましきホンネが透けて見えたような気がしませんか。

「バスに乗り遅れるな」などと考える必要はないでしょうが、少なくも将来的に経営の選択肢を広く持とうとすることは、賢明なことかもしれませんね。

M&A関連のコンテンツは“こちら”でも公開しています。気になる方は参考にしてみてください!

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

INOUZTimesの最新ニュースをお届けします
INOUZTimesの最新ニュースをお届け!

公式アカウントをフォロー