INOUZTimes > 経営者100人アンケート > 社長、買収を考えたことありますか?

社長、買収を考えたことありますか?

ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。
INOUZTimes編集部
社長、買収を考えたことありますか?

ベンチャー経営者100人に直接こんな質問を投げかけてみました・・・社長、買収を考えたことありますか?

なんともセンシティブな質問でしたが、みなさん、ご丁寧に回答してくださいました。

さて、どんな結果になったでしょうか?

アンケートした経営者のデータは以下の通り。(平均値 N=100)

  • 平均設立2006年
  • 平均社長歴9年
  • 平均年齢40歳
  • 平均売上13億
  • 平均従業員数95名

「振り返ってみると、M&Aがなければ、今の会社の姿はないよね。M&Aは、IPOとともに成長を勢いづけた最大の原動力だったよ」

いまや、だれもが知る超優良企業を作り上げ、日本を代表するベンチャー企業家となったある創業社長が最近、こんなことを言っていました。「成功へのターニング・ポイントは?」と聞いた際のお答えでした。

ベンチャー企業の聖地、アメリカ・シリコンバレーではいうに及ばず、日本でも、かの「経営の神様」松下幸之助氏や稲盛和夫氏も、買収を繰り返し、ベンチャー企業から巨大企業グループへの脱皮を果たした時期を経験しています。飛躍を遂げたいベンチャー社長にとって、企業や事業の買収は必ず通るべき道なのかもしれません。

しかし、ことはあまりにもセンシティブな話。軽々しく口にし、周囲に相談できるようなことではありません。ましてや相手が同じ社長である場合は……。


そこで今回、INOUZ Times編集部ではベンチャー社長100人にざっくばらんに聞いてみました。
「社長、買収考えたことありますか?」

「資金がない」という考えは得策ではない?

アンケートの結果、なんと買収を考えたことのある/ないは、ほぼ拮抗した結果となりました。それぞれの回答を見てみましょう!

まず、買収を考えたことのある社長の意見は以下の通りです。

■買収を考えたことのある社長

・見ているのは、ヒトの採用・事業・プロダクト
・同業で5億以上の会社。見ているのは売上と特許商品を持っているか
・考えることは頻繁。事業内容とリンクするところを買う。グローバル関係
・常に考えている。実際にしている
・時間を買うという考え
・過去何社か買収している
・採用の一環として。


基本的に、同業の買収などを検討しており、事業を拡大させていく手段として位置づけているようですね。なかには、事業内容や規模はもとより、地域や国籍、なかには在籍社員の保有資格、保有特許の性質など、ピンポイントで条件を絞り込み、かなり詳細に検討している回答が多く、実に印象的でした。

生の声一部抜粋しました。

「以前に買収の経験があるからね。時間を買うという意味で積極的だよ」

「そこの社長とは、数年間いい距離感でお付き合いしていて(ずっとGiveをしていて)、そろそろ打診する時期だと判断して、この前聞いてみた。結果、検討してもらってるよ。一緒にやればきっと上手くいく自信もある」

「めっちゃ考えている。知的好奇心として」

さすが、勢いを感じますね。実に前向きです。


一方で、買収を考えたことのない社長の意見は以下の通りです。

■買収を考えたことのない社長

・資金不足
・そこまでキャッシュに余裕がない。
・まだ自社は成長期
・今でも大変なので
・まだメリットデメリットを整理できていない
・そこまでいききってない
・自社の能力だけでどこまでやっていけるか勝負したい



理由として、資金不足を挙げた経営者が多かったようです。

「考えたことがない」「興味がない」というよりは、「(今は現実的には)できない」という状況なのでしょうか。

実際に、“ない”という意見の中には、こんな回答の社長もいました。

・毎年法人税がいい感じにとられていくので。買うほどのキャッシュは残らない……
・ない。カネがない。いずれはなりたい。
・今のところはないが、将来的にシナジー効果が見込めて、ビジョンが合いそうな会社があれば検討したい
・会社を大きくしていく上での選択肢の一つとして考えてもいい 



小が大をのむ買収で数々の大勝負を挑み、自社を成長させてきたソフトバンクの例もあります。少なくとも、「資金がない」というだけで、買収に対して思考停止に陥ってしまうのは、得策ではないかもしれませんよ。


今回のアンケート、「考えたことがある」という回答はもちろん、「ない」という回答にしても、理由の説明がかなり具体的だったような気がしました。

逆に、一度は真剣に検討したことがあるからこその回答、と読むのはうがった見方でしょうか…。

このアンケートを見て、想定よりも「ある」という回答が少ないと感じたとしたら、もしかして、そんな事情も反映しているのかもしれませんよ。


いかがでしたか?逆視点で“売却を考えたことありますか?”もアンケートしています。社長のホンネ、次回以降も色々と聞いていきます!

関連記事

「経営者100人アンケート」カテゴリーの記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

INOUZTimesの最新ニュースをお届けします
INOUZTimesの最新ニュースをお届け!

公式アカウントをフォロー